リボンの花とファーの冬にぴったりのバレッタの作り方!

ハンドメイド

 

もうすぐお正月ですね。

今日はリボンとファーで冬にぴったりのお正月にもあうバレッタをご紹介します。。

ツイードのリボンを土台にしてあたたかさを出しました♪

 

ちょっと豪華に見えるバレッタの作り方をご紹介します!

 

 

 

スポンサーリンク

リボンの花とファーのバレッタ作り方

 

 

材料・用具

 

バレッタ(8cm)・・・1個

土台のリボン(約10cm)・・・1本

花にするリボン(約40cm)・・・1本

ミンクファー・・・1個

パールビーズ(8mm)(6㎜)・・・各1個ずつ

はさみライター針と糸両面テープグルーガン

 

 

 

 

 

作り方

 

はじめに、花にするリボンの端をライターであぶっておきます。こうすることで、ほつれを防ぐことができます。
(火の取り扱いに十分注意しましょう)

 

両面テープは、強力なものを使います。アクセサリー用があればベストです。グルーガンで貼り付けてもよいでしょう。

 

 

①土台にするリボンの裏側の中心に、両面テープを貼ります。端のギリギリまでしっかりと貼りましょう。

 

 

 

 

 

②バレッタ金具に貼り付けます。その時、端の部分は折り込んで、包むようにします。

 

 

 

 

 

③花にするリボンの端をライターであぶっておきます。(ほつれ防止のため)

 

 

 

 

 

④花にするリボンの端から5~7㎜くらいのところを2本取りでザクザクと並み縫いします。細かく縫わなくて大丈夫です。
(写真の青線の部分)

 

 

 

 

⑤端まで塗ったら糸を引いて、縮めます。強く引き過ぎると切れたり、リボンがほつれたりするので、ゆっくり丁寧に引きましょう。

 

 

 

 

⑥くるりと巻いて花にしたら、縫い終わりを返し縫いして、縫いはじめとつなぎます。糸がゆるまないようにしっかりと留めて、玉留めを2回します。

 

 

 

 

⑦グルーガンでバレッタに付けていきます。他のパーツもグルーガンで付けていきます。
やけどをしないように気を付けましょう。

 

 

ファーを付けるときは、毛先にグルーが付いてしまわないように注意しながら、中心の接着する部分だけにグルーを付けるようにします。

 

ビーズは、手芸用ボンドで付けてもよいでしょう。素材によっては、グルーガンよりも手芸用ボンドの方がしっかり付くこともあります。

 

 

 

 

裏表のあるリボンのきれいな結び方も紹介しています♪

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

リボンの花とファーのバレッタの作り方をご紹介させていただきました。

ちょっと豪華ですよね^^

 

このように、かんたんにかわいいバレッタが作れます。素材や色で、雰囲気を変えられるので

いろいろ作れます。

 

お好みでアレンジして自分だけのアクセサリーを作ってみてくださいね♪