水引きのピアスの作り方!―あわじ結び―

ハンドメイド

 

 

日本の慶事・忌事や贈り物に欠かせない水引きですが、

最近はアクセサリーやインテリア、雑貨などにおしゃれにアレンジされ、注目を浴びています。

今回は水引きを使って基本的な結び方である「あわじ結び」でピアスを作る方法をご紹介します♪

 

スポンサーリンク

水引きのピアスの材料

 

用意するのは、好みの色の水引き約40cm×3本写真は赤2本・白1本を使用しました)と

ピアス金具組分です。

 

 

スポンサーリンク

水引きのピアスの作り方

 

 

①水引きはそのままでは硬くて細工しづらいので、指でしごいてしなやかにします。

 

 

 

②水引きを3本きれいに並べ、中央を丸めてしずく型を作ります。そのとき、右側が上になるようにします。

 

 

 

③左側に来ている水引きを丸めて、しずく型の上に交差させるようにします。その時、☆印の部分を左手で持つようにします。

 

 

 

④右に出ている方を〇印の部分に下から入れます

 

 

 

⑤次に△印の部分に手前から奥にむかって入れます。

 

 

 

 

⑥次にとなりの☆印に部分に下から入れます

 

 

 

 

形を整えます。最初に真ん中の部分を両方に引きます

 

 

 

 

⑧次に余った水引きを中心側から1本ずつ引くようにして引き締め、大きさを調整します。

 

 

 

 

⑨ボンドで固定。

 

 

 

 

⑩乾いたら、余った部分をカットします。

 

 

 

 

⑪ピアスの金具をボンドで付ける。

 

 

 

 

⑫出来上がり
シンプルなピアスに仕上げましたが、大きさやつなぎ方を工夫して、いろいろアレンジできます。世界にひとつだけのアクセサリーに仕上げましょう。

 

 

 

 

 

<<水引きの結び方であるかわいい「梅結び」の作り方も紹介しています>>

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

水引きのピアスの作り方をご紹介しました。

赤と白の水引きを使ってあわじ結びで作ってみました。

とてもかわいいですよね♪

 

着物を着た時にあいそうですネ!

ぜひ、作ってみませんか?