ハンカチ1枚でランチボックス用袋を作る方法!簡単にできるよ!

ハンドメイド

新入学や新生活で、新たにお弁当が始まることもありますよね。

子どものお弁当のセット(お弁当箱やおはし、スプーンとフォークのセット、ランチョンマットなど)を一揃えするだけでも、キャラクター物だったりすると、結構な金額になってしまうものです。

そこで、こんなアイディアをご紹介します。

ハンカチでランチボックス用の袋が簡単に、本当にかんたんに作れてしまいます!

 

ハンカチって端が四方、最初から縫われているので、端処理をする必要がないのでとても便利です。
お弁当って毎日あるから、1枚では当然足りないものです。洗い替えに何枚か作っておくといいですね。

好きなキャラクターのハンカチがあればランチボックス袋を買うよりは、かなり安くすみますよ♪

 

 

スポンサーリンク

ランチボックス用袋の材料・用具

ハンカチ・・・1枚
ひも・・・ハンカチの1辺の2倍の長さを2本
ミシンor針と糸で手縫い

 

 

スポンサーリンク

ランチボックス用袋の作りかた

①ひもは使うハンカチの辺の2倍の長さを2本用意します

 

②ハンカチの4隅を中心に合わせて折りたたみ、周囲の1.5㎝くらい内側をぐるりと縫います。

 

③縫った部分にひもを通します。写真を参考にして、対角線上の2点を通し口にします。

 

④それぞれの角にあるひもを引きます。

 

⑤ひもをしばって、できあがりです。バンダナなどを使っても、オシャレなものができます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ハンカチで作るランチボックス用袋の作り方をご紹介しました。

家庭にある普通のハンカチが、使い方次第でいろいろな場面で、とても役立ちます。

 

マスクが市場から消えて久しいので、最近では手作りマスクもよく見かけるようになりましたね。

手作りしたいけれど、裁縫が苦手でなかなか踏み出せないでいる方、ハンカチを使えば簡単に手作りマスクが作れますよ!

顔の大きさに合わせて三つ折りや四つ折りにしたマスクに、両端からゴムを通して、顔の幅に合わせて、両方から折りたたむだけです!折りたたんできたほうを内側にして着用します。

覚えておくと、マスクがないとき、即席に作れてとても助かります。ゴムはマスク用がなければ、ヘアゴムを利用したり、ストッキングを縦に細く切って輪にしても代用できますよ。

 

 

>>ドライのラベンダーなどを入れた縫わないサシェの作り方もご紹介しています♪