しいたけの賞味期限と保存方法!冷凍法や干しシイタケの作り方も!

賞味期限

しいたけ、、、みなさんよく使いますか?

私だけかもしれませんが、たまに煮物などで使うことはあってもそんなに頻繁に使うことはないんです。

でも、よく大きい袋で売られていて「あ、やすーい じゃあ今日は煮物にしよっかな」と決めたはいいものの「こんなにいらなかった・・・・。」と後悔することも・・・。

また、生シイタケと干しシイタケは保存方法や賞味期限だけでなく使い方もいまいちわからなくて買えないという方も多いのでは?

今回はシイタケの保存法、あれこれについて解説していきます!

 

 

スポンサーリンク

生シイタケの賞味期限と保存方法

 

賞味期限の目安はだいたい常温も野菜室での保存も1週間程度となります。(夏場の常温は半日ほどしかもちません。)

生シイタケの保存法は

新聞紙やキッチンペーパーなどに包み、それをポリ袋やジップロックにいれて、軸を上にして野菜室に保存します。しいたけは湿気に弱い食べ物なので直接ラップしたりすると水滴がついてしまい傷みやすくなるのでやめましょう。

夏場などの暑い時期にはできませんが、冬場などの暑くない時期には常温で保存することもできます。新聞紙に包んで冷暗所においておくだけで大丈夫です。しかし、常温よりも野菜室での保存の方が長持ちします。

 

 

スポンサーリンク

干しシイタケの保存方法

干しシイタケの賞味期限は保存状態によって大きく変わりますが、目安すとして1年ほどもつとされています。カビが生えていなければ問題ないです。

干しシイタケの保存は

密封できるような袋(ジップロックなど)を用意してあれば乾燥剤(せんべいなどについているようなシリカゲル可)を入れて冷蔵庫で保存します。(市販の干しシイタケはすでにこのようになっていると思います)

常温保存も可能ですが、高温多湿な場所は避けてください。

風通しのよい冷暗所が一番よいです。

干しシイタケを戻した場合、戻し汁及び戻ししいたけは冷蔵庫で保存することが可能ですが、あまり長く保存はできない(2,3日程度)ので長く保存したい場合には冷凍保存をおすすめします。
~干しシイタケ戻し方~
干しシイタケをさっと水洗いしてから同じくらいの量の水を耐熱容器に入れてラップをしてレンジで3分加熱します。
そのあと15分ほどおいて出来上がりです!

 

 

スポンサーリンク

シイタケの冷凍保存

冷凍すると1か月程度もちます。 冷凍保存で長期保存しましょう。

シイタケの軸を切って適当な大きさに切り分けて、フリーザーパックに入れて空気を抜いて冷凍保存します。いしづきを切り落としてしまえば、適当な大きさに切り分けなくても冷凍保存することができます。
残った軸は下の部分(いしづき)を切り落として細かくさいてあげると食べることが可能です。一緒に冷凍することに問題はありません!

しいたけは冷凍すると生のしいたけよりも栄養価が高くなります。でも冷凍のしいたけよりも天日干しシイタケのほうが栄養価は高いです。

 

 

スポンサーリンク

干しシイタケの作り方

生のシイタケや冷凍シイタケよりも長く保存することができるのは干しシイタケです。

そこで干しシイタケの作り方をご紹介します。

切ったもの、またはなにも手を加えていないそのままのシイタケをざるに並べて干し台などにつるして天日干しします。新聞紙にならべて干すことも可能です!
そのままの形のものはかさが下になるように並べて置きます。夏場なら1日程度、冬場なら2,3、日干しておくと出来上がりです!

外にだすのはちょっと・・・。という方はガラス越しの日光でも干しシイタケは作ることができます!
干す前に決して洗ったりしないでください(シイタケは水気によわいことをわすれずに!)

購入してきた生シイタケをむき出しのまま冷蔵保存すると、乾燥してきて干ししいたけになるという裏ワザもあるようです。ただし、日光があたることによって発生する栄養分もあるので、天日干しが一番です。

 

 

スポンサーリンク

こんなシイタケはたべられる?

シイタケがこんな時は腐っている可能性大なので食べられません。

・傘の裏が黒くなっていたり、茶褐色に変色している
・ぬるぬるしている
・切ると中がピンクになっている
・変色した汁がでてくる
・異臭がしたりカビがとても生えている

白い綿のようなカビのようなものが出てきた場合はこれはしいたけからでる菌糸なのでたべることができます。

<良いシイタケの選び方は>

・かさのうらが白く変色していない
・傷がなくひだがしっかりと張り薄く白いまくがはるもの
・傘が開きすぎておらず厚みがあるもの
・軸が太く短いもの
・湿り気のないもの
・袋に水滴がついていないもの

このようなシイタケを選んでくださいね。

 

 

>>小麦粉などの粉ものの賞味期限についても解説していますのでご覧ください♪

 

 

スポンサーリンク

まとめ

しいたけの賞味期限や保存法をご紹介しました。

保存状態にもよりますが、生シイタケは1週間、干しシイタケは1年間もちます。

しいたけは湿気や水気に弱い食材なので、保存する時は、ぬらさないようにすることが大切ですね。

そして、生のまま保存するよりも干したり凍らせた方が、栄養も高まり、保存期間も伸びますよ!

干しシイタケの作り方や冷凍法を参考にしていただけたら幸いです。

 

 

賞味期限
スポンサーリンク
管理人をフォローする
地元発お役立ち便