ジャガイモ、人参、たまねぎの保存方法!冷凍冷蔵するときの注意点も

賞味期限

カレーや煮物などやいろんな料理を作るとき、また私たちが健康に生活するのに欠かせない野菜!!おいしく食べれるように保存方法の工夫が必要です!!

テレビや雑誌によくとりあげられてるけどへぇ~って思って実践していないことも多いですよね。でもいざやろうとすると”覚えていない”・・・。

今回は良く安売りされていて、たくさん買ってしまうジャガイモ、人参、玉ねぎなどの保存方法をまとめてみました!

 

 

スポンサーリンク

ニンジンの保存法

まずは、安売りされがち!たくさん買いがちのニンジン

にんじんは湿気に弱い野菜です。そのため、そのまま冷蔵庫に保存するのではなく、新聞紙などに包んで保存しましょう。

寒い冬には新聞紙にくるんだり、箱のまま冷暗所においておいても大丈夫です!

 

また、たまに半分使って余っちゃった・・・。ってこともありますよね?一度切ったものは切り口から痛み始めるのでぴったりとラップで包んで冷蔵庫に入れておいてできるだけ早めに(3,4日で)使うようにしましょう。

 

直近で使わなくて冷凍しようとする場合にはそのまま冷凍するといざ使う時に使いにくいので、使う形に切ってから冷凍するようにしましょう。

また、ニンジンを野菜室で保存した場合には1か月ほどもちます。時間がたつとひげのような根ができたりしますが、取り除けば問題はありません。
常温で保存した場合には1週間ほどしかもたないので注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク

じゃがいもの保存方法

次も安売りされがちのジャガイモ

フライドポテトやじゃがバターなどにも使われるじゃがいもは実は冷蔵保存には適していない野菜なんです!常温保存がもっとも適しているといわれています。

 

常温保存といってもただ丸裸で置いておくのではなくて以下のことを気を付けるとより長く持ちます。

① じゃがいもをひとつずつ新聞紙に包みます
② ジャガイモはニンジン同様に湿気に弱いので風通しの良い冷暗所に保存します

ちいさいじゃがいもならひとつひとつ包まずに何個かを包むことも可能です。
新聞紙が湿ってきて湿気を吸い取ってるなーと感じられたら新聞紙を新しいものに変えてください。

農家から直接いただいたり、家庭菜園などで土のついたじゃがいもが手に入ったときは土がついているままだと湿気を呼び込みやすくなるので保存するときには土を払うようにしてください。

 

また、ジャガイモは光(日光)にあたると光合成を起こして皮が緑色になる緑化がおきます。

そのため

箱に入れて保存するときなどは上に新聞紙をかぶせたりして光を遮断しましょう。また、光を遮断するなにかをかぶせるときには、風通しをふさがないよう穴をあけたり工夫が必要です。

常温保存がいいと述べましたが、暑い夏などはキケンです・・・。

そのため、冷蔵庫での保存が必要となります。
冷蔵庫内では、じゃがいものでんぷんが糖分へと変わり、甘味が増します。

しかし、野菜室にそのまま入れたりすると乾燥して皮がしわしわになってしまうことも。
常温のとき同様に新聞紙にくるんでぎゅうぎゅうにではなく余裕をもたせて並べて保存するようにします。

ちなみに常温保存では1,2か月冷蔵保存では1週間程度冷凍保存では2,3週間もつといわれています。冷凍保存は水分が抜けて風味が落ちてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

玉ねぎの保存方法

玉ねぎは長期保存ができる野菜でとれたての玉ねぎなら常温保存5か月程度もります。玉ねぎは常温保存が基本とされています。

保存期間としては 常温2か月冷蔵1ケ月冷凍1ケ月というめやすになっています。

 

新玉ねぎは新聞紙にくるんで冷蔵庫の保管がベスト!

 

新玉ねぎはほかの玉ねぎより水分が多いので常温保存すると皮がぬめってきてしまいます・・・。
たまねぎはリンゴが出すエチレンガスによって成長が促進されておいしくなくなってしまうのでリンゴと一緒に保存することは避けてください。

冷蔵庫で保存するときには新聞紙にくるむことがおすすめです。湿度が高いため、傷みやすいので新聞紙でくるんで湿度から守ります。

玉ねぎも湿度に弱いので常温保存でも風通しのよいところで保存しましょう。

 

 

>>カレーの賞味期限についてもご紹介していますのでご覧ください♪

 

スポンサーリンク

まとめ

安いのでたくさん買ってもすぐには使わない事が多いジャガイモ、玉ねぎ、にんじんの

保存法をご紹介しました。

 

根菜類は常温でも長く持ちますが風通しの良い所に置くなど気をつけてください。

かごに入れて保存するとかわいいですね。ワイヤーもいいですね♪

100均にもありますよ。

冷凍保存もジャガイモならマッシュして冷凍すると解凍してすぐ使えるので便利です。

野菜の保存どうだったかな?と思った時参考にしていただければ幸いです。

 

 

賞味期限
スポンサーリンク
管理人をフォローする
地元発お役立ち便