小麦粉など粉もの賞味期限!冷凍など保存方法は?

賞味期限

食品の中でも存在を忘れてしまう粉もの・・・。

小麦粉やホットケーキミックスなど使う頻度が多いものから少ないものまで・・・

一度使って次使うまでにすごく日が空いてしまうものもありますよね?

使おうと思っても「これいつ買ったかな?」というものも出てきたりして。

そこで今回は、何種類かの粉ものの賞味期限や保存方法についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

小麦粉の賞味期限

強力粉や薄力粉と呼ばれる小麦粉!棚の奥からひょこっとでてきたりしますよね?
賞味期限を見てもあんまりすぎてないしつかっちゃえーーーと思う方も多いのでは??

 

でもちょっと待ってください!!お願いだから待ってください!

未開封であっても、また、開封済みならなおさらダニや虫に侵入されている可能性があります・・・。

 

小麦粉はだいたい 薄力粉・中力粉12か月 強力粉6か月とされています。
強力粉だけ「強」なくせに早いの!?って思いませんか??

 

薄力粉・中力粉・強力粉の違いは粉に含まれるグルテン含有量の違いです。

「グルテン」は最近「グルテンフリー」などという言葉でよく耳にするのではないでしょうか??
グルテンとは小麦粉に水を加えて練った生地を水中で洗い流していくと得られる粘性物質のこと。主成分はタンパク質。とされています。つまりはパンが膨らんだり、うどんにコシができたりするもとのことです。

強力粉は薄力粉や中力粉よりもグルテンを多く含んでいるので劣化が早く、賞味期限も短いのです。小麦粉の劣化は風味がおちるだけなのであまり問題はありません。

 

スポンサーリンク

一番の問題はダニなどの害虫!

未開封だからダニがはいるところなんてありません!と思うかもしれません。しかし未開封でもダニが生息してしまうんです!!

 

ダニは餌、場所、温度や湿度の条件が揃うと繁殖するのです。

主にえさとされるのは小麦粉のタンパク質。お好み焼き粉、ホットケーキミックスなどはうまみ成分などもふくまれるので要注意!!

場所としては暗いところがダニが繁殖しやすいです。
また、温度は25~30℃、湿度は60%~80%です。

 

◎なんとダニは袋を食い破って中に侵入してくるのです・・・。

 

ダニアレルギーの方は特に注意が必要!

ダニが混入した小麦粉製品を口にするとダニアレルギーの反応が起きてしまいます。
かゆみ、蕁麻疹、下痢などの症状があり、ひどい時にはアナフィラキシーショックを起こして命の危険にかかわることもあります。

小麦粉をそのまま食べることなんてないし、熱処理するから大丈夫!なんて思っていませんか?

実はダニアレルゲンの中に加熱に強い性質をもつものもいるので加熱すれば大丈夫というわけでもないのです。

 

スポンサーリンク

ベストな保存方法は?

粉の種類ごとにまとめていきたいと思います。

 

薄力粉・・・ 菌の繁殖を防ぐには温度が一定があることが重要なので冷蔵庫で蓋つきの密封容器にいれて冷蔵庫で保存するのが一番良いです!
でも、薄力粉を密封容器にいれて保存となると一人暮らしの小さい冷蔵庫などでは厳しいところがありますよね?湿気の少ないすずしい場所であれば常温でもOKです!

片栗粉・・・薄力粉同様蓋つきの容器に密封して冷蔵庫での保存が一番よい。常温で保存する場合3か月ほどで使い切るほうがよい。

 

パン粉・・・パン粉は生パン粉と乾燥パン粉がありますが、どちらも冷凍保存がよいです。冷凍してもパン粉は粉同士がくっつくことがないので冷凍はおすすめです。しかし、一度解凍したものの再冷凍は控えましょう。

 

 

ホットケーキミックス・・・一番良いのは必要な分だけ購入する。冷凍庫の保存がパン粉同様おすすめ!

※それぞれの保存方法をみて保存しましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

小麦粉やホットケーキミックスなどの粉ものの賞味期限や保存方法をご紹介しました。

未開封の小麦粉もダニが入ってくると知ってびっくり、怖くなりました。

冷蔵庫に保存はしていたのですが、ふた付の密封容器に早速入れ替えようと思います。

ダニって本当に怖いですね!

これを機会に粉ものの保存の参考にしていただければ幸いです。

 

 

賞味期限
スポンサーリンク
管理人をフォローする
地元発お役立ち便