【兜の折り方】簡単にかわいいカブトができるよ!

折り紙

5月5日は端午の節句ですね。男の子の成長を願い、祝うこの日は、子どもの日として長く親しまれています。

そして、子どもの日、端午の節句と言えばこいのぼりや五月人形、そして兜などが思い浮かびますね。

今回は、お子さまでもかんたんにできる、おりがみのカブトの折りかたをご紹介します。

千代紙など、和風のおりがみを使用すると雰囲気がでますよ。

 

スポンサーリンク

かぶとの折り方、材料・用具

おりがみ・・・2枚

 

スポンサーリンク

かぶとの折り方

①おりがみを2枚重ねて、内側になるほうを内側に半分に折ります。

 

②さらに半分に折ります。

 

③開いて折ります。

 

④反対側も開いて折ります。

 

⑤上の1枚をめくります。

 

⑥1枚になっている方を写真のように折ります。

 

⑦めくった方も同じように折ります。

 

⑧⑦で折った部分を開き、写真のように折ります。

 

⑨反対側も1枚めくります。

 

⑩残った1枚を写真のように真ん中に合わせて折ります。

 

⑪めくった方も折ります。

 

⑫反対側と同じように、開いて折ります。

 

⑬このようになります。

 

⑭角を持ち上げて開き、折ります。

 

⑮このようになります。

 

⑯たてに開くように折ります。

 

⑰写真のように折ります。

 

⑱1枚をめくって折りあげます。

 

⑲折った部分を少し折り下げます。

 

⑳さらにもういちど、折り上げます。反対側も同じように折ります。

 

㉑中を少し開き、前面の下の角の部分を折り上げます。

 

㉒さらにもう一度折ります。

 

できあがりです。

 

>かわいいチューリップの折り方もご紹介していますのでご覧ください♪

 

スポンサーリンク

まとめ

5月の子どもの日の定番のひとつ、カブトの折りかたをご紹介しました。

いろいろな折りかたがありますが、これは、しっかりしていてこわれにくく、お子さまが遊んでいても安心です。

表になる折り紙と、重ねるおりがみの色も工夫すると、ちょっと高級感もでてステキな季節の飾りにもなりますよ♪

 

 

折り紙
スポンサーリンク
管理人をフォローする
地元発お役立ち便