ちらし寿司の飾りつけ順番は?簡単なコツで美しいちらし寿司ができる

料理

ひなまつりや誕生日、こどもの日や敬老の日に作るちらし寿司。

ちらし寿司は華やかで存在感があってそれだけで特別な日のメニューって感じですよね。

私がこどもの頃は上にのってるものは、刻み海苔と錦糸卵くらいでしたが、今はいろんな具材を盛り付けてとても綺麗なちらし寿司がありますね。

華やかで美しいちらし寿司は盛り付けのコツで簡単にできるんです♪

この飾りつけの方法やコツをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ちらし寿司の飾りつけの順番は?

酢飯の上に飾り付ける基本的な順番をご紹介します。

酢飯➡きざみのり➡錦糸卵➡具材
刻み海苔は酢飯の上にのせるとしっとりするので好みで錦糸卵の次にしてもOKです

 

具材の色で飾り付ける順番がちがう

盛り付ける具材の色の順番は 赤➡黄色➡緑です。

 

赤の具材・・・まぐろ、さくらでんぶ、サーモン、えび、いくら、ハムなどです。

黄色の具材・・・錦糸卵、食用菊

緑の具材・・・きゅうり、さやえんどう、菜の花、アボカドなどです。

 

この順番に酢飯の上に盛り付けていきます。

具材が偏らないように上から見ても全体的にまんべんなく具材を散らばらせていきます!

 

色が鮮やかなエビやいくらは最後に盛り付けてもきれいです。いくらの上に木の芽を飾ったりしても素敵ですね。

具材の大きさで順番を変える

具材の大きさでも順番が変わります。

彩りがきれいに見えるように気をつけて大きいものから順に飾り付けます。

 

【すし飯の盛り方】

大きな平皿にすし飯を盛る時・・・中央にふっくらと盛ります。
重箱にすし飯を入れる時・・・四隅まできっちりとすし飯を詰めていきます。

それから基本の飾りつけをしていきます。

 

スポンサーリンク

子供が喜ぶアレンジちらし寿司

ケーキ寿司

寿司飯をケーキ型に詰めて型を取り除き上に錦糸卵、まぐろ、サーモン、いくらなど子供が

好きなものを飾り付けます。食べる時はケーキのようにそれぞれのお皿にとり分けます。

こうすると子供がとても喜んでくれますよ。

 

カップお寿司

透明のカップにお寿司を詰めてその上に色々な具材を盛り付けます。

子供の友達をよんだ時などぴったり!楽しいですよ♪

 

具材のアレンジ

いつもの決まった具材でなく

ハムシーチキンミックスベジタブルカニかまぼこなどを飾り付ける。

大人は、ちょっと(?)と思うかもしれませんが・・・大人用は別にお皿を替えたりして

工夫してくださいね^^

 

>>おひな様メニューちらし寿司にした時の献立についても記事を書いています♪

 

スポンサーリンク

ちらし寿司の飾りつけのまとめ

 

ちらし寿司の基本的な飾りつけやアレンジの盛り付けをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

ちょっとコツをつかめば美しいちらし寿司ができそうですよね。

華やかに盛り付けたちらし寿司を子供や家族が喜んでくれたら嬉しいですね。

 

 

料理
スポンサーリンク
管理人をフォローする
地元発お役立ち便