ダイエットに成功した人のリアルな体験談!ウオーキングや糖質制限も

生活

いろんなダイエットを試してみたけど結局やせられないという人も

多いと思います。

少しはやせたけどまた元に戻ってしまったり・・・

毎年「今年はダイエットするぞ」と決意する私です。

今回はダイエットに成功した人たちのリアルな体験談をご紹介します!

 

スポンサーリンク

夜の炭水化物を避けた!

 

20代後半、食欲がおさまらなくて、好きな時に好きなだけ食べどんどん太っていきました。

30歳を目前に結婚が決まり、結婚式を挙げることになりました。それだけでは何とも思わなかったのですが、先に式挙げた人の写真を見てダイエットを決意しました。

同じくらいのポッチャリ体型の人だったのですが、純白のウエディングドレスの脇部分から肉がはみ出ていたのです。一生残る写真にこれはイヤだと失礼ながら思ってしまいました。

そこからは、お酒が好きなのですが、夜の炭水化物は避け、カロリーの低いおつまみを食べるようにしました。例えばお刺身や冷奴、野菜たっぷりのお鍋など。

会社からの帰り道は1駅必ず歩くようにし、会社ではエレベーターは使わずに階段を使うようにしました。

そしたらみるみる痩せていき、8キロ落とすことに成功しました。ドレスのサイズも2サイズダウンし、キレイに着る事ができ大満足です。

一生残るものだからと頑張ってよかったと思いました。

 

スポンサーリンク

ウォーキング

 

私の成功したダイエットの体験談を伝えたいです。
私がやったダイエットはずばり「ウォーキングダイエット」です。
一日に15分歩くだけのダイエットです。

私は、仕事がデスクワークですので、体を動かす機会があまりありませんでした。
そんな時にテレビを見ていて、歩くのがダイエットになるというのを知りました。
ただし、そんなに厳しく、絶対に毎日15分歩くと決めると辛くなるので、雨の日以外このダイエットをやると決めて頑張りました。
私は身長が160センチくらいで、今は大体54キロくらいです。
この歩くダイエットをする前は60キロ近くあったので5、6キロ痩せたことになります。

歩いている最中は四季折々を感じられとても楽しく感じることが出来ました
やっぱり、人は歩くことで健康を維持できるのだと思いました。
この「ウォーキングダイエット」は特別な道具もいらず、誰でも試せるので、気になる方はやってみても良いと思います。
健康を保つためにも適度な体重は絶対に大事です。
ぜひ、ダイエットを頑張って欲しいです。

 

 

ウォーキングを日常に取り入れ、1年ほど掛けて10kgほど痩せました。
1カ月で計算すれば1kgほどとさほど大きな成果ではないように感じますが、甘いもの好きな私が日課のスイーツをやめられずにウォーキングをプラスしただけでなし得た成果と思えば、馬鹿にできない結果です。
私はもともと身長から見る体重は痩せ型でした。
10kgほども痩せれば、周りからは痩せすぎとも言われる体型ですが、ウォーキングを日常に取り入れたことで減量したので体力や脚力がつき、以前よりも疲れにくい体質に変わったのだと感じています。

基本、最寄り駅までの道のりを往復して歩くことを日課にしましたが、歩くことを取り入れると普段は気づかなかったお店や景色の移り変わりに発見があり、楽しいさまでも見出せるようになりました。
歩くことの気持ち良さと共にダイエットの結果もついてきて、エスカレーターなどちょっとした楽を選ばなくなり、細々と動くことが日課にできました。
ウォーキングを取り入れたことで動くという意識を持てたことが何よりのメリットだと感じます。

 

 

 

その頃は生活の時間が不規則で食事も気を付けずに好きなものを食べていました。
運動も全くしていなくてお腹がポッコリしていました。しかしこのお腹ポッコリは便秘だからだと勝手に思いこんでいました。
便秘もひどくなったのでドラッグストアで便秘薬を買い試したところ便秘は解消したもののお腹のポッコリは解消しませんでした。
そこで初めてこのお腹は便秘のせいじゃなくて太ったからポッコリしていたのか。と気づきました。

そして慌てて普段の生活を見直しました。新たにサプリなどを買うお金はないのでなるべくお金を使わずにお腹をへっこませたいと思い何が出来るか考えました。

まずは規則正しい生活を目指しました。早寝早起きをして、間食をしない。それになれて来たら少しずつウォーキングを始めました。
急にたくさん歩いても長く続かないと思い、20分を目標に仕事後歩くようにしました。ウォーキング後には腹筋を30回します。
たったこれだけを続けていたらお腹ポッコリも便秘も解消しました。

 

スポンサーリンク

痩身エステ

 

運動するのもめんどくさい。食事制限するのもめんどくさい。そういった何をするにもえらいことはしたくなかった私です。中々痩せれず何かいい方法は無いかと考えているとき、私の目にとまったのが痩身エステでした。

試しに1度いってみると気持ちがいいのに汗もいっぱいでて浮腫も取れて体がすっきりします。もう、最高な体感ではまってしまいました。お金もそんなに安くないので続けてといっても定期的なメンテナンス程度に通っていましたがまさかの体重も減量されていました。

サロンの人からもいろんな知識を教えてもらい行くたびに美意識まで高まります。美意識が高まることで今までしていた間食やドカ食いも自然となくなり痩せる一方でした。そしてお茶のカテキンも毎日飲みました。利尿作用があり老廃物も今までより多く出せるようになったと思います。

ちょっとした美意識の意識改革からちょっとした週間をつけただけでダイエットに成功しちゃいました。簡単なことで言えばカテキンのお茶はおすすめです。

スポンサーリンク

糖質オフダイエット

 

社会人になり、5キロ太ってしまい、周りからも「太った?」と言われることが多くなったため、ダイエットを始めました

当時の証明写真や免許証の写真は、顔が丸くて今でも見たくありません。当時の食生活を見直してみると、ランチはがっつり外食して、デスクでは取引先からのお菓子を食べ、夜は上司や男性たちと飲み会に行ったりと、食べたいときに食べたいものを食べるめちゃくちゃな食生活でした。

色々なダイエット本を読み、食生活の見直しをして「糖質オフダイエット」をしました。朝・昼はパンやお米・麺も自由に食べますが、腹八分にすることを意識しました。いつもランチ後は眠くなっていたのですが、腹八分にすることで血中の糖度が急上昇しなくなり、眠くなることが減りました。夜は締めのラーメンなどの麺はもちろん、居酒屋などでもお米や麺などはなるべく控える食生活に変えました。

大好きなお米や麺の食べる量を意識的に減らすこと、腹八分にすることなど、食生活に気を付けることで半年かけて元の体重に戻すことができました。ダイエット後も食生活は気を付けて生活しています。

 

スポンサーリンク

寝る前の10分体操

 

高校時代、体重がどんどん増えていき、152センチで53キロありました。高校卒業前の1か月ほど、特にすることもなく家でボーッとする日々でしたが、マラソン大会によく出ている知り合いの家に行ったときに、マラソンランナー向けの雑誌を読んでいると「寝る前の10分体操」というものが目に留まりました。

ダイエット向けの体操ではなかったのですが、簡単だったので試してみました。腹筋20回スクワット20回ねじり腹筋20回背伸び二の腕ダンベル左右各10回ずつという内容で簡単なのですが、これを全部ゆっくりした動きでするというものでした。初めはキツく感じましたが、毎日やっていると慣れていきました。

食事制限とかで何かを我慢したり、大変な運動をするわけでもなく、テレビを見ながらでもできます。特に準備も必要なく、ダンベルは本格的でなくてもいいので、500 ミリペットボトルに水を入れて代用しました。毎日続けたところ、その1か月で簡単に5キロ落とすことができました。

 

スポンサーリンク

筋トレと糖質制限

 

私は筋トレと糖質制限でダイエットをしていました。

当時、60キロあったのですが好きな人ができたためダイエットを決意。
最初のうちは食べないダイエットをしていたのですが、普段運動を全くしないために代謝が地の底まで落ちてしまってたんですね。全く痩せませんでした。
結果もついてこないし、肌や爪などはボロボロになるしで最悪でした。もっと健康的に痩せたいなとその時思いましたね。

今までろくにダイエット法を調べたことがなかったのですが、そこで初めて調べてみてTestosterone氏の「筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方」という本に辿り着いたんです。
一日に摂ればいい「タンパク質」、「糖質」、「脂質」の計算機を用意してくれているため、個人的には食べ物を買う時、栄養成分表示をよく見るようになりました。
タンパク質も調べる前はそんなのボディビルダーが取るものだと思っていました。でも、タンパク質は筋肉の他にも髪の毛や爪をつくる役割を持っているのでとてもキレイに痩せることができるということを知ったんです。

そこからは積極的にプロテインも摂取するようにして、1日20~30分ほど筋トレをするという生活をしていました。
筋トレはとがわ愛氏の「はじめてのやせ筋トレ」という初心者女性向けの筋トレ本を参考にスクワットなど様々な筋トレを行いました。

そして1ヶ月ほど続けていたら3キロも減量できてたんです。健康的な減量を目指していた私にとってとても嬉しい体験でした。
最初のころよりも痩せているのはもちろんですが、たるんだ脂肪ではなくほどよい筋肉で引き締まったカラダに変わっているのがとてもうれしかったです。

筋トレをすることで目に見えて自分のカラダがかわっていくのも嬉しいですし、なにより体を動かすという行為が気持ちいいので私はこれからも続けていこうと思っています!

スポンサーリンク

糖質制限とウォーキング

 

私のダイエット体験談は、まず食事に気を使いました。糖質を少しずつ減らすことからスタートしました。食べる量としては、朝はしっかり食べます。昼もしっかり食べますが、夜は仕事の関係で遅いため、少なめにしていました。夜を極力少なめにするこの食生活で2キロは痩せました。

次に行ったことは、リバウンドが怖いため、とにかく歩きました。いつもなら車を使う距離のスーパーの買い物を歩き、エレベーターもなるべく使わない生活にしています。しばらく続けると、それがルーティンになってしまうため、エレベーターを使わず、何も考えず階段を選んでいるようになってることに驚きました。
最後は、仕事をとにかく夢中で頑張りました。というのは、仕事中に多少身体を使うこともあり、距離は短いですが歩くこともあるので、仕事を頑張れば頑張った分、仕事中に体力を使い、結果ダイエットに繋がりました。仕事でも良い成績をおさめれるので、一石二鳥でした。合計で3kgちょっと痩せました。

 

 

二人目の子供も無事に産まれて平穏な日々を過ごしていましたが、ある日ふと体重計に乗ったところ一人目の出産前から10kgも増えていた事が判明しました。

これは今から真剣にダイエットに取り組まないと中年になればなるほど痩せ難くなるのでは…と焦りを感じた私はさっそく当時流行っていた糖質制限ダイエットを始めました。
とはいえ糖分をゼロにしてしまうと育児に必要な体力も落ちてしまうので、三度の食事のおかずはそのままにして白米を豆腐コンニャクに、またクッキーや煎餅などのおやつをナッツ類やチーズに置き換えてみました。

そして運動嫌いな私は運動をする変わりに毎日万歩計をチェックして1万歩歩くという目標を掲げてそれを3ヶ月間続けました。

その結果、なんと体重はマイナス12kgになりました。
努力したのもありますが、私が糖分で太りやすい体質だったのもあったと思います。
しかし糖質制限の副作用で抜け毛も酷くなってしまったのでそれから徐々に食事量を調整して太らないギリギリのラインを保ちながら早2年経ちましたが、今だに体重をキープし続けています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ダイエットに成功した方たちのリアルな体験談をご紹介しました。

サプリとかを利用したりしたのかなと思いましたがウォーキングなど

運動をしてダイエットした人が多かったです。

 

私も参考にしてウォーキングをしようと1か月前から始めました。

行くまでは億劫な時もありますが歩きだすと景色を見ながらけっこう楽しいです。

30分も歩くと少し足も重くなり運動してるって感じになります!

ポッコリお腹にはまだ効果はありませんが体調は良くなった気がします。

自分に合ったダイエットを見つけてくださいね^^

 

生活
スポンサーリンク
管理人をフォローする
地元発お役立ち便