高校や大学卒業旅行におすすめ!国内海外に行った先輩たちの体験談!

観光

お正月も過ぎて2月から3月になると学生さんにとって楽しみな

卒業旅行のシーズンですね。

まだどこへ行こうか決まっていない学生さんもいらっしゃると思います。

今日は卒業旅行に行ったことのある先輩の方たちの体験談をご紹介します。

決めた理由など書いています。少しでも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

東京ディズニーランド

東京ディズニーランドに行きました。
選んだ理由:正直私は遊園地は人が多く苦手なのですが、仲の良かった子たちのほとんどがディズニーランドに行きたいと言ったので多数決でディズニーランドになりました。

旅行自体は楽しかったです。ディズニーランドは当日思ったよりも人が少なく、乗り物にも乗る事ができたので満足でした。しかし、女の子7人で行き、気が強い子が多かったので、はぐれたりして何度かケンカになりました。正直すごくめんどくさかったので、遠くから喧嘩している様子を眺めていました。笑
2日目は東京観光をしました。2グループに分かれて好きなところを回る事ができ、とても楽しかったです。途中で、イングランド人にナンパされて、みんなでプリクラを撮ったり、とてもいい思い出です。
旅行は少人数に限るなと実感した卒業旅行でした。

 

 

スポンサーリンク

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

大学の時、卒業旅行でユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行きました。お金を節約するために、新宿から夜行バスで行きましたが、夜行バスの乗り心地が悪くて、ほぼ一睡も出来ぬままユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ行くことになりました。
もし、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行くなら、夜行バスは避けることをオススメします。

ホテルに一泊して、翌日は大阪観光をしました。たこ焼きとお好み焼きを食べたのですが、本当に美味しかったです。大阪を観光するなら、露天などで出来たものを買うのではなくて、お店で焼くお好み焼き屋さんに行くことをオススメします。

大阪には、他にも美味しいお店がたくさんあるので、ホテルなどで夕飯を食べるのではなく、夕飯は無しのコースにして、外食するのがオススメです。

スポンサーリンク

北海道

卒業旅行へ、親友と2人で北海道へ行きました。卒業旅行と言うと、みんなでワイワイと行くものかなと思いますが、旅行好きの、気心の知れた友達と行って本当に楽しかったです。
北海道は回るところがいろいろあるので、2人だと身軽でとても良かったです。

小樽では、ガラス細工の体験をして、お揃いのピアスを作りました。とても良い思い出になりましたよ。
それから、北海道と言えばグルメ!
ジンギスカン、スープカレー、カニ三昧等々(^^)普段なかなか贅沢で食べられないものばかりですが、ご当地のものなのでこの機会に食べなくてはと、ここぞとばかりに食べ歩きました。
また、気球に乗る体験をしました。白いモヤがかかっていましたが、それがまた神秘的で、本当に素晴らしかったです。

卒業したら、名古屋と東京で、離れ離れになってしまうのでこれからなかなか会えなくなると思うと、旅行に行けて本当に良かったと思います。

 

スポンサーリンク

沖縄

沖縄旅行に行きました。旅行は3月の中旬にでかけました。大学4年目がおわったタイミングです。自分たちの住んでいる街は寒かったですが、沖縄はかなり暖かいと聞いたので良いと思って選びました。これといって何か目的としたレジャー施設や体験はなく、とにかく行ったことのない遠い地だったので行きたかったということでした。滞在期間は二日間でした。

友人の親戚がそこで漁を行っていたので、出発がせまったかなり直前のタイミングで約束して漁の船に乗れることになりました。タコがあがったのを食べたのが美味しかったです。自分たちはグルメ目的の者ばかりだったので、沖縄の魚料理やゴーヤチャンプルーなどのグルメばかりを味わいました。過ごしやすくて良かったです。

 

 

大学4年の3月に、同じ高校の人たち4人で沖縄に卒業旅行に行きました。
大学の生協で、ホテルとレンタカーの申込をして、4人がそれぞれ行きたい場所を2か所ずつpick upして、そこに行くことになりました。

私があげたのは、平和祈念公園と海中道路でした。平和祈念公園では、三重県の慰霊塔エリアにも行きました。海中道路は、沖縄本島中部の与勝半島から全長4.75kmの海上を通る道路なのですが、そこを走ると、非常に爽快でした。

親友があげたのは、御嶽と樋川(フィージャー)でした。双方ともに、沖縄県の各所にあるのですが、御岳は、祭祀をとり行う場所だけあって、神聖な空気に包まれていました。
沖縄の綺麗な海と、昔から残る信仰の習慣を残していってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

長崎、台湾、香港

専門学校の卒業旅行で、長崎、台湾、香港に行きました。
卒業間際だった私は、平日は学校を休み、内定をもらっていた会社でアルバイトとして仕事をしていました。
その為、アルバイトとはいえ、長期で休みを取るのも憚られたため、金曜日あるいは、月曜日だけお休みをもらい、元々休みだった土日にくっつけて卒業旅行をすることにしました。
となると、ヨーロッパやアメリカまでは行けそうにありません。そこで、興味がありつつ、3日間で行ける場所に行くことにしたのです。

それが、長崎と、台湾と、香港でした。
本当なら1週間以上かけてヨーロッパやアメリカに行ってみたかったので、どうしても一ヶ所だけでは納得できず、三ヶ所行くことにしました。

どの場所も、食べ物が美味しかった!
特に、香港の糖朝で食べた豆花は本当にとても美味しかったです。その時初めて食べたのですが、未だに忘れることが出来ない味です。
台湾では、夜市が一番面白かったです。まだまだ日本でブームになる前のタピオカドリンクを片手に、色々なお店を見て、食事をして、楽しい時間を過ごしました。

 

スポンサーリンク

オーストラリア

オーストラリアのケアンズに行きました。男友達6人と行きました。ケアンズにした理由は、国際系のゼミを専攻していて皆海外志向が強かったこと、安く行けるところ、楽しそうなところを探していて全てにマッチすると考えたからです。

オーストラリアは当然英語圏なので英語を話します。我々は英語の練習も兼ねたいと思っていました。またケアンズは成田空港から直行便で行けます。LCCのジェットスター航空が飛んでいるので大変安く航空券を手に入れることができます。

またケアンズは世界遺産のグレートバリアリーフがあり、卒業旅行シーズンは季節が日本と逆なのでオーストラリアは夏ということで観光としてもピッタリです。大変楽しかったので卒業旅行にオススメです。

 

 

スポンサーリンク

台湾

卒業旅行は、台湾に2泊3日で行きました。中部国際空港から2時間ぐらいで台湾には着きますが、初めての飛行機だったので、まさかの飛行機酔いをして吐きました。

台湾についてすぐに若干日本が恋しくなりました。驚いたことは、湿気が多く蒸し暑いことでした。日本よりも車やバイクの走っている数が多く感じました。バイクに大きな荷物や犬、普通に三人乗りをしている人がいたのでこれも驚きました。

セブンイレブンすき家吉野家など日本の店もたくさんありました。旅行でとても珍しい場所をたくさん訪れました。千と千尋の神隠しに出てきそうな場所にもいきました。ご飯があまり美味しくなかったのが、この旅行の1番辛いことでした。でも良い思い出になりました。

 

スポンサーリンク

ドイツ・ディズニーランドと京都

親への感謝の気持ちも込めて、大学の卒業旅行は母と二人でドイツ旅行しました。

友達とは国内旅行でディズニー京都に行きました。大学の種類にもよると思いますが、文系だと卒業論文さえ出してしまえば1月から3月まで長期の休みとなるため予定が立てやすいと思います。

私の周りではヨーロッパを選ぶ人が多く、次に多かったのはハワイでした。1月〜3月だと場所によってはかなり寒いですが、どこの国も観光地は整備がされ雪だらけということはないと思います。

ヨーロッパは各国同士の行き来が安いため、何カ国か回る人も多かったですが、私は何カ国か回るよりドイツを周遊しました。1週間滞在し、かかった費用は20万ほどでした。ツアーではなく、航空券都ホテルだけ手配し、電車やプランは全て自分たちで考えました。自由に回ることができ良かったと思います。

 

 

スポンサーリンク

鳥取砂丘

鳥取県の鳥取砂丘に行きました。関西からレンタカーを借りて鳥取砂丘まで行ったのですが、とにかく遠かった思い出があります。鳥取砂丘に行ったのは今回が初めてでしたが、

想像してたより広くて驚きました。事前に砂漠というより砂場のようなものと聞いていたので、良い意味で期待を裏切ってくれました。砂丘にはラクダが何匹かいて、お金を払うと乗ることができます。当時は6人で行ったのですが、交代でラクダに乗って遊びました

人も少なくてとても良いところでした。しかし、砂丘以外は何もないという印象でした。飲食店がほとんどなかったのでお昼ご飯はコンビニで買ってレンタカーで食べたのを覚えています、飲食店やレジャー施設は何もなかったですが、自然は綺麗だったのでとても良かったです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

卒業旅行に行った先輩の方たちの体験談をご紹介しました。

皆さん楽しい卒業旅行をされたようですね。近頃は海外旅行に行く人も多いです。

 

社会人になると仕事優先になって、なかなかまとまった休みが取れない

こともあると思います。

卒業旅行は学生時代を一緒に過ごしてきた仲間たちと最後に作る思い出

楽しい卒業旅行を計画してくださいね。

 

観光
スポンサーリンク
管理人をフォローする
地元発お役立ち便